診療情報管理士通信教育

●日本病院会 診療情報管理士通信教育


 診療情報管理士とは、ライブラリーとしての診療録を高い精度で機能させ、そこに含まれるデータや情報を加工、分析、編集し活用することにより医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理に寄与する専門職業です。米国では1932年にMedical Health Informationとして発足し、現在は登録医療情報管理士R.H.I.A(Registered Health Information Administrator)という称号の専門職として養成されています。その他、各国でも同職業の養成が行われています。
現在、医療機関の機能分化と連携、情報の開示、安全の確保、医療費の包括化、医療IT化推進など、新しい医療提供体制の改革が進行しています。
 さて、日本病院会で実施しております診療情報管理士通信教育は、昭和47年に診療録管理士の養成課程として開講し、平成8年には診療情報管理課程通信教育、そして平成21年には診療情報管理士通信教育と名称を変更し、「診療情報管理士」認定者合計31,625名(平成28年5月現在)が全国各地の医療機関で活躍しているところであります。