学術大会報告

第43回日本診療情報管理学会 学術大会

大会テーマ: 「診療情報の更なる質向上に向けて ―北の大地から未来へつなぐ―」
学術大会長: 中村 博彦(社会医療法人医仁会中村記念病院 理事長・院長)
会   期: 平成29年9月21日(水)・22日(木)の2日間
会   場: 札幌コンベンションセンター

⇒詳細はこちら

第43回日本診療情報管理学会は、9月21日(木)と翌22日(金)の両日、中村博彦・第43回学術大会長の下、メインテーマ「診療情報の更なる質向上に向けて ―北の大地から未来へつなぐ―」に、全国から1,477人が集った。学術大会長講演、理事長講演、特別講演2題、教育講演、シンポジウム5題、一般演題327題、学生セッション61題と生涯教育研修会のほか、今回初めて企画した本学会認定団体(13団体)の活動報告が盛り込まれるなど活発な発表と議論の場となった。期間中は、台風一過の秋晴れの中で開催することができた。

1. 会場

会場となった札幌コンベンションセンター全景

案内パネル

全国から学究の友が札幌に集った

受付模様

SNSにアップして札幌から情報発信!

書籍販売と展示会場

ページトップへ

2. 開会式(9月21日)

開会宣言する瀬尾善宣・第43回学術大会実行委員会委員長

中村博彦・第43回学術大会長あいさつ

末永裕之・日本診療情報管理学会理事長あいさつ

相澤孝夫・日本病院会会長あいさつ

全国から1,477人が集った

ページトップへ

3. 学術大会長講演「診療情報管理の質向上と均てん化」(9月21日)

座長の末永裕之・日本診療情報管理学会理事長

演者の中村博彦・第43回学術大会長

ページトップへ

4. 理事長講演
「新しい診療情報管理士の方向性 ―諸外国との比較から見えてくるもの―」(9月21日)

座長の中村博彦・第43回学術大会長

演者の末永裕之・日本診療情報管理学会理事長

ページトップへ

5. 特別講演1「世界と日本におけるICDの動向」(9月21日)

座長の相澤孝夫・日本病院会会長

演者の森 桂・厚生労働省政策統括官(統計・情報政策担当)付参事官付国際分類情報管理室室長

ページトップへ

6. 特別講演2
「広域災害救急医療情報システム(EMIS)と診療情報」(9月21日)

座長の島 弘志・聖マリア病院病院長

演者の小井土雄一・災害医療センター臨床研究部部長

ページトップへ

7. シンポジウム1
「地域包括ケアシステムにおける診療情報管理士の役割と求められるスキルについて」(9月21日)

座長の小松本悟・足利赤十字病院病院長(左)と河村保孝・焼津市立総合病院医事課参事兼診療情報管理室室長(右)

演者の牧野憲一・旭川赤十字病院病院長(右)、佐藤浩樹・北海道情報大学医療情報学科教授(中)と近藤 保・札幌共立五輪橋病院事務長(左)

ページトップへ

8. シンポジウム2
「第5回診療情報管理士現況調査アンケート報告」(9月21日)

座長の入江真行・和歌山県立医科大学先端医学研究所病院教授

演者は右から、三木幸一郎・北九州市立医療センター統括部長、枝光尚美・大阪母子医療センター診療情報管理室室長、阿南 誠・川崎医療福祉大学医療福祉マネジメント学部准教授、荒井康夫・北里大学病院医療支援部課長

ページトップへ

9. 総会(9月21日)

平成29年度事業計画案、平成29年度収支予算案、任期満了に伴う理事長をはじめとする新役員の選任等が満場一致で承認された

学会誌第28巻の優秀論文賞および奨励賞の受賞者

第13回診療情報管理士指導者認定者7名

相澤孝夫・日本病院会会長から理事長の再任が決まった末永裕之氏へ委嘱状が手渡され、固い握手を交わした

ページトップへ

10. シンポジウム3「診療情報管理士生涯教育の在り方について」(9月21日)

座長の万代恭嗣・東京山手メディカルセンター病院長(左)と倉部直子・北海道情報大学医療情報学部非常勤講師(右)

演者は右から、吉住秀之・九州医療センター医療情報管理センター部長、荒井康夫・北里大学病院医療支援部課長、久保博文・王子総合病院診療録管理センター副センター長

ページトップへ

11. 学生セッション(9月21日)

若者の視点で各課題を考察。今回、61題が発表された

同期生の発表に新たな発見が!

金賞1題、銀賞2題、銅賞3題、ヒグマ賞1題、エゾシカ賞1題とはやぶさ賞1題が表彰され、健闘を讃えた(翌22日午後)

ページトップへ

12. 懇親会(9月21日)

1日目夜に行われた懇親会。あいさつする中村博彦・第43回学術大会長

一糸乱れぬYOSAKOIソーラン踊りに魅了された

地元の料理を肴に親交を深めた

ページトップへ

13. 第91回診療情報管理士生涯教育研修会モーニングセミナー(9月22日)

座長の瀬尾善宣・中村記念病院診療本部長

演者の藤森研司・東北大学大学院医学研究科公共健康医学講座教授

ページトップへ

14. シンポジウム4
「病院情報のICTの進展に活躍する診療情報管理士」(9月22日)

座長の大道道大・森之宮病院理事長・院長(左)と須貝和則・国立国際医療研究センター医事管理課課長(右)

演者は右から、井川房夫・広島大学大学院医歯薬保健学研究院准教授、藤森研司・東北大学大学院医学研究科公共健康医学講座教授、初山 貴・北海道大学病院診療録管理室主任、盛長志朗・株式会社エスイーシー情報処理事業本部課長

ページトップへ

15. 教育講演①「医療事故調査制度に対応した診療録」と
②「医事紛争に強い医療記録」(9月22日)

座長の岡留健一郎・福岡県済生会福岡総合病院名誉院長)

演者①の南須原康行・北海道大学病院医療安全管理部教授・部長

演者②の福田友洋・佐々木総合法律事務所弁護士・医師

ページトップへ

16. シンポジウム5「退院時要約(サマリー)の標準化」(9月22日)

座長の渡邉 直・聖路加メディローカス循環器科部長(左)と荒井康夫・北里大学病院医療支援部課長(右)

演者は右から、橋長裕・ちば県民保健予防財団総合研修センター顧問、岡田美保子・先端医療振興財団臨床研究情報センター客員上席研究員、豊田 建・株式会社HCI代表取締役

ページトップへ

17. 閉会式(9月22日)

中村博彦・第43回学術大会長の閉会あいさつ

相澤孝夫・日本病院会会長から中村博彦・第43回学術大会長へ感謝状が贈られた

末永裕之・日本診療情報管理学会理事長の閉会あいさつ

福島正巳・第44回学術大会事務局長から、明年9月20日(木)と翌21年(金)の2日間、新潟市の朱鷺メッセにて、学術大会テーマ「診療情報管理の教育と研究 ―医療の質と安全を高めるために―」で開催する予告とあいさつを述べた

閉会宣言をする瀬尾善宣・第43回学術大会実行委員会委員長

おかげさまで盛会のうちに無事終えることができました。心より感謝申しあげます

ページトップへ