●日本診療情報管理学会倫理綱領2019

  1. 日本診療情報管理学会及び会員は、診療情報に関する記録と、その管理及び活用のあり方を考究することを通じて、安全で質の高い医療の実現を追求する。
  2. 本学会及び会員は、診療情報が厳正に保護されるべき個人情報であることを十分に踏まえ、その適正な利用によって医学・医療の発展に貢献する。
  3. 本学会及び会員は、診療情報を正確に記録・管理し、患者・家族と情報を共有して患者本位の医療を目指す。
  4. 本学会及び会員は、医療連携やチーム医療における情報共有を促進するとともに、関係者の守秘義務を徹底し、患者の価値観、及び個人の権利の尊重に努める。
  5. 本学会及び会員は、診療情報管理の教育・研修を通じて自己研鑽を図りつつ調査・研究を推進し、専門職としての社会的地位の向上に努める。
  6. 本学会及び会員は、広く関係団体や専門組織との連携を図り、積極的に国際協力を推進する。
  7. 本学会及び会員は、学術調査・研究の実施とその成果の公表に際し、諸規則・指針を遵守し、個人情報保護や利益相反についても十分に配慮する。